2006年 05月 31日
なんでもあり
e0074692_1521439.jpg



絵って、できればさささっと描いてぱぱっと仕上げたい。
うまい人って、そうやって苦労無く描くはずだ、って思ってたのですが
色んな描き方があるというのを、最近やっとわかってきた、ような…気がする。
下絵をかいたり、下絵をコピーしたり、拡大コピーしたり、切ったり貼ったり、
スキャンしたり、トレースしたり、PCでいじったり、なんでもやっていいようです。

セツではB2の紙に、モデルやモチーフを見ながら
下絵もかかずに、3時間くらいで一気に描きあげる、という
のが水彩画の授業だったから、なんとなくそういう失敗できない描き方
というか一発勝負で描けないと、いけないような気になっていたけど
それってかなり、つかれる描き方。
下手だとすぐ投げ出したくなります。
(でもあの教室でもう一回描いてみたいなー、とふと思いましたけど)

とってもアナログなイラストがphotoshopで描かれたりするのを
知ったりなんかもして、ほんとになんでもありなんだなーと思っている今日この頃です。
[PR]
by glran | 2006-05-31 02:13 | イラスト


<< ヒーリング体験 なんとなく続き >>